ウェビナーのお知らせ

LINEの最新マーケティング手法!LINEクロスターゲティングを徹底解説!

企業と顧客の新たなコミュニケーション手段として、様々なシーンで活用が進んでいるLINE。

2019年12月には、LINE社による「クロスプラットフォーム」構築に関する発表がなされ、LINEの各サービスで取得したオーディエンスデータを活用し、プロダクトを横断して配信できる機能として「LINEクロスターゲティング」がマーケティング施策として盛り上がりを見せています。

LINEクロスターゲティングでは、LINE公式アカウントやLINEポイントADなどを通じて取得したデータに基づいて高精度なターゲティングを行い広告施策を実施できるため、より高い効果で友だち獲得やLTVの高いユーザー獲得を効率化することができます。例えば、通常のCPF配信と比較してクリック率が約2.7倍高いといった実績も。

そこで、今回のウェビナーではLINEクロスターゲティングの概要から特徴、活用事例までを貴社のご状況に合わせて個別に解説いたします!ウェビナーでの開催となりますので、ぜひお気軽にお申込みください。

◆主なトピック

・LINEクロスターゲティングとは?
・LINEクロスターゲティングで、そもそも何が実現できるのか?
・LINEクロスターゲティングの活用事例
・LINEクロスターゲティングの効果
・ソーシャルログインでのLINE IDとCRMデータの連携

◆こんな人におすすめ

EC・メーカー・人材・不動産・旅行業界の広告主様で...
・いま話題のLINEクロスターゲティングの特徴を知りたい
・LINEを活用してユーザーとのエンゲージメントを高めたい
・LINEクロスターゲティングについてよく理解できていない
・LINEを使ったマーケティングの最新トレンドを知りたい

上記のような課題をお持ちのご担当者様には特におすすめの講演内容となっております。是非お気軽にご参加ください!


ウェビナー概要
主催
株式会社フィードフォース
開催日
2020年6月30日〜2020年7月13日でのご希望日
※セミナー応募を頂いた後に、ご希望日時を調整させていただきます。
場所
個別ウェビナー会場(Google Meet 利用)
対象
マーケティング/広告部門ご担当者様、WEBご担当者様
※主催企業と事業が競合する企業からのお申し込みは、お断りする場合があります。
講師紹介
株式会社フィードフォース Feedmaticチーム セールス・マーケティング 責任者
北林 択哉
ダイナミック広告に特化したコンサルティング型広告運用サービス「Feedmatic」を通して、Google/Facebook/Criteoなどデータフィードを活用した広告の改善提案を担当しながら、他サービスのセールス戦略サポートにも従事。
株式会社フィードフォース Feedmaticチーム
杉崎 五郎
2016年フィードフォース入社当時からフィード構築、広告運用改善、ソーシャルログインでのLTV向上等、WEBビジネスの最大化を幅広く支援。現在はダイナミック広告運用サービス「Feedmatic」の専任として、EC・不動産・人材の企業様に対し、主に売上や流入拡大を目的とした、広告のコンサルティングセールスを担当。
お申し込みフォーム

※必須項目

※ご自身の所属する企業メールアドレスをご入力ください。メーリングリストや共有のメールアドレス(info@xxx.com等)でご入力いただいた場合は、弊社からのご連絡がお届けできない場合がございます。