個別ウェビナー

コロナ禍における採用市場への影響と対策、Indeed広告運用のポイントを解説ウェビナー

新型コロナウィルスの流行により、採用市場の状況も一変し、危機対応に追われている方が多いと思います。
今や、企業の採用施策に欠かせないIndeedですが、withコロナの時代においても引き続き重要な施策には変わりなく、危機対応を進めながらどのようにIndeedを活用していけばいいか、しっかりキャッチアップすることが重要になります。

本ウェビナーでは、コロナウイルスが人材採用マーケットにどのようなを変化をもたらしたのか、現状と今後の対応策について解説いたします。また、Indeed広告の運用ポイントを貴社のご状況に合わせて個別に解説いたします!ウェビナーでの開催となりますので、ぜひお気軽にお申込みください。

◆主なトピック

・コロナ禍における採用市場/Indeedのトレンド変化
・緊急事態宣言の解除後/アフターコロナで想定される採用市場の最新動向
・担当者が準備しておくべき対応策
・Indeed広告運用のポイント、改善施策の事例

◆こんな人におすすめ

人材系企業や採用の担当者様で...
・コロナ禍での最適なIndeedの施策を知りたい
・人材採用マーケットのトレンドを知りたい
・Indeedの広告効果の改善をしたい

上記のような課題をお持ちのご担当者様には特におすすめの講演内容となっております。是非お気軽にご参加ください!

ウェビナー概要
主催
株式会社フィードフォース
開催日
セミナー応募を頂いた後に、ご希望日時を調整させていただきます。
場所
個別ウェビナー会場(Google Meet 利用)
対象
マーケティング/広告部門ご担当者様、WEBご担当者様
※主催企業と事業が競合する企業からのお申し込みは、お断りする場合があります。
講師紹介
北林 択哉
株式会社フィードフォース Feedmaticチーム
セールス・マーケティング 責任者
ダイナミック広告に特化したコンサルティング型広告運用サービス「Feedmatic」を通して、Google/Facebook/Criteoなどデータフィードを活用した広告の改善提案を担当しながら、他サービスのセールス戦略サポートにも従事。
杉崎 五郎
株式会社フィードフォース Feedmaticチーム
2016年フィードフォース入社当時からフィード構築、広告運用改善、ソーシャルログインでのLTV向上等、WEBビジネスの最大化を幅広く支援。現在はダイナミック広告運用サービス「Feedmatic」の専任としてEC・不動産・人材の企業様に対し、売上や流入拡大を目的とした、広告のコンサルティングセールスを担当。
目黒 龍平
株式会社フィードフォース Feedmaticチーム
Googleショッピング広告やCriteo、Facebookダイナミック広告など各種フィード施策に関する幅広い知識を背景に、数多くの広告主様にフィードコンサルティングを軸とした広告運用の改善提案を実施。現在はダイナミック広告運用サービス「Feedmatic」の営業担当として、新規顧客の開拓をメインに担当。
お申し込みフォーム

※必須項目

※ご自身の所属する企業メールアドレスをご入力ください。メーリングリストや共有のメールアドレス(info@xxx.com等)でご入力いただいた場合は、弊社からのご連絡がお届けできない場合がございます。